詳細情報

70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

永峰 英太郎


価格 : ¥1058 (税込み)

電子書籍の入手はこちら

電子書籍は、指示されたパスワードを下の欄に入力することで閲覧できるようになります。
上の書籍表紙画像下に「PDFダウンロード」と表示されている場合は、その文字をクリックすることで購入した電子書籍のPDF版がダウンロードできます。

PDF版の入手は当サイトにログイン後に可能になります。
未登録の方は、こちらから登録をお願いいたします。

本電子書籍は紙の書籍を購入すると無料で閲覧ができます。

紙の書籍をお持ちの方は本書籍060ページ1行目の最初から6文字分をパスワードとして


「かな・片仮名・漢字」も含め、 本文通りに上のスペースに入力してください。
紙の書籍の購入情報はアスペクトのWebサイトにございます。

※随時パスワードは変更されますので、ご注意ください。
介護と死亡がいっぺんにやってきた!
父…認知症→介護認定→施設選び→成年後見人
母…末期がん→入院→死亡→葬式→遺産相続

すべて著者の実体験!

知らないと損をする万一のことが起こる前にやっておくこと&知っておきたい制度・手続き。
認知症になった親、死んだ親の銀行口座からお金を引き出す方法はわかりますか?
親の老後と安心して向き合うために、今のうちから準備しておこう。



目次

第1章 親が少し弱ってきたら
 1-1 貸金庫・定期預金は解約する
 1-2 加入している生命保険を把握し、見直す
 1-3 子供名義の定期預金や普通預金を確認する
 1-4 老人ホームについて、目星をつけておく
 1-5 実家の整理を始めておく
 コラム 親の生活習慣病を把握していますか?

第2章 親が重い病気になったら
 2-1 親の銀行口座の保管場所を把握しておく
 2-2 高額療養費制度をしっかり理解しておく
 2-3 親の病気の情報を、親子で共有する
 2-4 親の交友関係を、しっかり把握しておく
 2-5 親の希望を極力聞き、実践する
 2-6 万が一に備え、葬儀屋の目安をつける
 2-7 親の銀行口座からお金を引き出す
 コラム 親は病名・余命告知を受けたいか?

第3章 親が死亡したら
 3-1 葬式の段取りをつかみ、お墓も確認する
 3-2 遺された親のケア、実家の管理を行う
 3-3 親が亡くなったら行う各種手続き
 3-4 実印を持っていますか?

第4章 親が認知症になったと感じたら
 4-1 定期的に親の日常をしっかり観察する
 4-2 認知症に対する理解の深い医師を探し出す
 4-3 認知症の疑いがあれば、要介護認定を受ける
 4-4 要介護認定調査には、子供が立ち会う
 4-5 要介護状態の親の介護の仕方を決める
 4-6 親のお金の管理は成年後見制度を活用
 4-7 成年後見制度の利用は、慎重に決める
 4-8 認知症の親との接し方を理解する
 コラム 老人ホームは何を基準に選ぶ?

第5章 親が元気なうちから暦年贈与を行う
 5-1 親の全財産を大まかに把握する
 5-2 親が元気なうちから暦年贈与を行う
 5-3 親と相続を話し合い、遺言書を作る
 5-4 遺産相続をスムースに進める

このページをシェア!

ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: MySpace ここでブックマーク: Del.icio.us ここでブックマーク: Digg ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google ここでブックマーク: Diigo