詳細情報

フロー・セックス

瀬尾 港二


価格 : ¥1134 (税込み)

古代中国の性医学「房中術」を現代風にアレンジして作られた「フロー・セックス」の極意(愛撫&体位&気の訓練法)を豊富なイラストで完全解説!
お互いの体をじっくり愛撫したのち、体を密着させて30分間射精をがまんするだけで、体の奥底から湧き上がる大きな快感を得られる。
ふれあう、与えあう、分かちあう......、本当の快楽は「気の交流」から生まれる!



目次

第一章 気を交わすセックス「房中術」
 溢れる情報にゆがめられた性
 過剰な性行動に走る人、セックスを嫌悪する人
 「気」を交わすことに対してバリアを張る人々
 セックスとは、大切な人と「ふれあう」「気を交わす」行為
 [コラム]「名器」という幻想

第二章 古代中国で生まれた性医学「房中術」
 セックスは、人の力で体を癒す健康法
 古代中国の伝統医学の重要な要素「房中術」
 東洋医学の身体観「陰陽」
 陰陽二気の調和が健康を作る
 男女が引き合うのは「完全になりたい」という欲求
 射精を目的とした「瀉」のセックスと、気を交流させる「補」のセックス
 「補」のセックスには、「単利(奪う)」と「双利(補い合う)」の2種類がある
 イカないセックスで健康になる「還精補脳」
 [コラム]射精の頻度はどれくらいが適切か?
 「勃たなくてもよし、挿れなくてもよし、イカなくてもよし」

第三章 セックスとは気の交流である
 そもそも「気」とは、どんなものなのか?
 「気」に鈍感になっている現代人
 気の状態が悪くなると健康を損なう原因に
 セックスは二人で行う気功
 フロー・セックスで心身ともに健康に
 気のバランスが合う相手を見つける
 自分が好きなものを相手に勧める
 人は常に「気」を求めている

第四章 【ケーススタディ】房中術で変わるセックスライフ
 <ケース1>「彼は私をイカせてはくれるけど、何か物足りないんです……」 A子さん(33歳)
 <ケース2>「彼がAVのようなテクニックにこだわっていて、疲れてしまう」 B子さん(28歳)
 <ケース3>「彼がイクのが早いせいで、なかなかイケずに不満」 C子さん(35歳)
 <ケース4>「彼がなかなかイかず、セックスが長すぎて大変」 D子さん(42歳)
 <ケース5>「相手は誰でもいい。いろんな人とセックスしてしまう」 E子さん(37歳)
 <ケース6>「ブランクがあるため、久しぶりのセックスをする勇気が出ない」 F子さん(39歳)
 <ケース7>「挿入がうまくいかず、彼とセックスできない」 G子さん(27歳)
 <ケース8>「彼がセックスに消極的」 H子さん(35歳)
 <ケース9>「結婚してからなんとなくセックスレスに」 I子さん(27歳)
 <ケース10>「出産を機にセックスレスに」 J子さん(35歳)
 <ケース11>「セックスはもう卒業?」 K子さん(58歳)

第五章 【実践編】気を巡らせる愛撫と交接
 30分間抱き合って射精を我慢するだけ
 「瀉」のセックスの回数は、年齢で違う
 フロー・セックス4つの心得
 気を流れやすくする愛撫(マッサージ)
 気の交流を促す愛撫(マッサージ)
 気を交流させるセックス
 気の交流しやすい体位
 初めての相手とするときや時間がないときは、短縮バージョンで
 気の流れやすい体位、流れにくい体位
 房中術におけるセックスのタブー

第六章 【応用編】気の訓練法
 気を訓練すると、本当に必要なものが見えてくる
 気を整えると、とるべき道が見える
 気の流れを良くする訓練法
 基本の立ち方
 回春功
 経絡の流れを良くする
 [コラム]重要なツボ
 気を感じてみよう!
 <お互いの気をもっと感じてみよう!(1)>
 <お互いの気をもっと感じてみよう!(2)>
 体を温める陽と、冷やす陰
 自分の体質を知ろう
 [コラム]精力剤がEDを悪化させることも!!

このページをシェア!

ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: MySpace ここでブックマーク: Del.icio.us ここでブックマーク: Digg ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google ここでブックマーク: Diigo