詳細情報

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

山岡 道男/淺野 忠克


価格 : ¥699 (税込み)

電子書籍の入手はこちら

電子書籍は、指示されたパスワードを下の欄に入力することで閲覧できるようになります。
上の書籍表紙画像下に「PDFダウンロード」と表示されている場合は、その文字をクリックすることで購入した電子書籍のPDF版がダウンロードできます。

PDF版の入手は当サイトにログイン後に可能になります。
未登録の方は、こちらから登録をお願いいたします。

本電子書籍は紙の書籍を購入すると無料で閲覧ができます。

紙の書籍をお持ちの方は本書籍150ページ1行目最初から6文字分をパスワードとして


「かな・片仮名・漢字」も含め、 本文通りに上のスペースに入力してください。
紙の書籍の購入情報はアスペクトのWebサイトにございます。

※随時パスワードは変更されますので、ご注意ください。



アメリカでは、高校生からパーソナルファイナンスを学ぶ!
家計、企業、銀行、政府は、それぞれどのような経済的な役割を果たしているのか。
そして、それぞれ何を目指して経済活動をしているのか。
こうした基本さえ押さえておけば、経済のニュースはすらすらわかります。
CEE(アメリカ経済教育協議会)の「経済教育のスタンダード」を日本人向けにアレンジした知識ゼロからの入門書。



目次

はじめに
経済を支配するものは金利だ! 72のルール


第1章 家計の経済学

金利〈その1〉 ——「単利」と「複利」のどちらがトクか
金利〈その2〉 ——「月利」と「年利」のトリックにだまされない!
金利〈その3〉 ——運用の指標となる「短期金利」「長期金利」
金利〈その4〉 ——預金金利とローン金利
トレードオフ ——人生は常に決断の連続である
給料 ——可処分所得の減少に注意!
労働 ——労働市場が賃金の額を決める


第2章 企業の経済学

企業 ——最終目標は「利益の最大化」
利益 ——どうすれば「利益の最大化」できるのか
収益 ——どうすれば売上げを増やせるのか
経済の循環 ——「金は天下の回りもの」は正しい
決算書 ——会社の業績がわかる“通信簿”
起業家 ——経済を活性化させる欠かせない存在
ビジネスを立ち上げる ——どのような分野で闘うべきか
融資と投資 ——企業は常にお金を必要としている
株式 ——会社の所有権を小分けにして売る
債券 ——出資者に「借金」する資金調達方法
価格 ——モノの値段はどう決まるのか
「需要」と「供給」 ——値段と量は買い手と売り手の気持ちで変わる


第3章 金融の経済学

金融 ——利息が仲介する経済活動
信用 ——あなたの信用で融資額が決まる
インフレーション ——物価が上がると景気はどうなるのか?
デフレーション ——物価が下がると景気はどうなるのか?
金利とインフレ率 ——消費するか貯蓄するかはインフレ率次第
中央銀行 ——中央銀行の目的は「物価の安定と金融システムの安定」
公開市場操作 ——日銀がお金の量を調節する仕組み


第4章 政府の経済学

国内総生産(GDP) ——国全体の経済規模を表す
失業率 ——経済成長率と失業率には密接な関係がある
財政政策 ——国の経済活動がスムースに回るように調整
「大きな政府」と「小さな政府」 ——政府はどこまで国民の面倒をみるべきなのか
資源配分 ——政府には各人の経済活動を保障する役割がある
市場の失敗 ——「情報の非対称性」と「外部性」
公共財 ——国民全員が使える社会的インフラと公共サービス
政府の失敗 ——費用負担と利益は平等にはなり得ない
生産性の向上 ——経済成長には生産性の向上が不可欠
国債 ——政府の活動資金を税金以外で調達


第5章 貿易と為替の経済学

貿易 ——国民経済の利益が最大化する
比較優位 ——自国と貿易相手国の双方を豊かにする方法
貿易収支と資本収支 ——世界の為替レートを動かす2大要因
為替レート ——通貨の価値は常に変動する
フロート制(変動相場制) ——為替レートは需要と供給で決まる
政府の市場介入 ——市場の行き過ぎを政府が抑制する
為替レートの影響 ——国の経済は為替レートで決まる



【著者プロフィール】
山岡道男
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
1948年、東京生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程中退。学術博士(早稲田大学)。専門は、アジア太平洋地域の国際交流論、経済学教育論。主な著書に『アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書』『ガブッ!とわかる世界一やさしい行動経済学の教室』(小社)などがある。

淺野忠克
山村学園短期大学キャリア コミュニケーション学科准教授
1951年、東京生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。専門は、国際経済学、経済教育論、高等教育論。主な著書に『アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書』『ガブッ!とわかる世界一やさしい行動経済学の教室』(小社)などがある。

このページをシェア!

ここでブックマーク: Twitter ここでブックマーク: Facebook ここでブックマーク: MySpace ここでブックマーク: Del.icio.us ここでブックマーク: Digg ここでブックマーク: Yahoo ここでブックマーク: Google ここでブックマーク: Diigo